2005年05月31日

the gospel

俺は正しいわけがない


僕が うとうとしていると 夢を見た
アン・ガールズの田中が僕の家に(実家に)来て ハイッ ジャカジャカジャカジャーンと言って
両手を広げていて 僕も一緒になって やっていて
めちゃくちゃ 楽しくって 最後は 僕と田中が頬をくっつけて ピースしながら山根(たぶん山根なんだが親父だったかも)に写真を撮ってもらって だけど 山根は写真がへたくそで 二人いっぺんにおさまらなくって それでやっぱり 田中が 「おい 山根 何だよ お前 しっかり撮れよ」とかいいながら ぐでぐでの中 夢がさめた
何だったんだ この夢 とか思いながらも アン・ガールズが家に来てくれたことをとてもうれしく感じた

posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月30日

escape

どうしたら その辺のことがうまくいくんだろう

posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月29日

inspiration

まあ 夢中に やってみるしかない

posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月28日

異文化交流

僕は 基本的に邦楽が 好き

でも 今日 アメリカのラジオ番組を

インターネットでつなげて聞いていたら

異国に行っている気がした

アメリカに行ったことはないんだけど

現地にいる気分

しばらく癖になりそうです

posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月27日

CD

CDを創るんだ
posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月26日

hide

僕の場合
いい唄ができたらライブをやろうなどと考えると
いつまでたっても ライブをしなくなるのである

蓮池薫さんが 朝鮮語の翻訳家になった
24年間を失わないために

posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月25日

yet or not yet

朝になってしまった

posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月24日

just

ぼくは 優しいから 

ぼくを裁くきみの身を 心配しているんだ

そして 何もできずにいる

posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月23日

fiction

フィクションで現実が とらえられるとは 思わなかった
そうか つくり話が 現実をとらえるのか

考えなくてもいいことまで 考えるのはやめよう
時間を自分で操作しないと

posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月22日

end

どこまで いけば 気がすむのか


posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月21日

street

今日は町に行くのを お休みしました

何かに対して ほんの少しでもいい 優位にのぞめるはずで

劣等感や後悔は 必要なさそうだ

意識さえ 失わなければそれでいい

よく「前向きに行こうよ」って 言うけど

その通りなんだ

posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月20日

何かチガウ

音楽がこれほど怖いものだとは
posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月19日

too

Today passed,too.
posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月18日

today

Today passed, too.
posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月17日

I wonder

わからない わからない わからない

posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月16日

note

今日は 日記に書くようなことは ないな

テレビを見ながら思ったことは

どんどん どんどん 命がうまれてくるってこと

ノアの箱船じゃないけど 一度 リセットしたくなる気持ちも

わからんでもない 危険な考えだけど

posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月15日

cold

寒い!! 今日 東京では ひょう が降ったそうである。

去年もこんなに寒かっただろうか?

posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月14日

携帯電話

これまで携帯電話なんてメールが送れて、話ができれば何でもよいと考えてきたが考えが改まった。携帯はかなり重要である。
こういう考えに至ったのは、最近 ウォークマンが欲しくて、CDにしようか、MDにしようか などと考えあぐねて、電気屋に行ってみると、パソコンから取り込んで聞けるっていう代物があり、更には携帯電話で音楽が聴けるっていうではないか!
カメラがついて、ウォークマンの代わりもし、ヴォイスレコーダーになり、電卓になり、データを飛ばし、時計の役目をし、つねに自分の手元にある。
どの機能も本格的な使い方はできないけれども 携帯によってある一つの機能が特出しているらしい。なんという代物だったのだ。
こうして「携帯にはこだわるべきである。」という考えに至ったのである。
今更 だけど 携帯電話万歳!!!

posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月13日

ウィルスチェック

僕自身のウィルスをチェックし、除去して欲しいものだ。
posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月12日

school

「学校」というのは、ヨーロッパで17世紀にやっと成立したものなんだそうです。
その原形は「母なる教会」キリスト教の信仰者の共同体で、そこから教育という概念が生まれ
やがて教育は「家庭」に移され、近代になって「学校」に移されることになったのだそうです。

・「学校」=「聖なる教会」と考えるのは、個人的にはしっくりくる。
・とっても都合のいい道徳が学校にはあって、変に宗教色がなくて、大変よろしいんじゃないだろうか?
・戦争と産業のために「学校」はおおいに利用された時代があった。
・僕の通過した学校時代は別に科学的な嘘を学ばされたわけではない。
・受験競争という神話が「学校」という「教会」にはあって「アーメン」などとつぶやく暇はな かった。
・たぶん、支配的階層にいいように教育されたのは確かだろう。
思い浮かべる敬虔なクリスチャンたちの姿と今の学校の有り様を二重うつしにするとき、社会の複雑化と科学技術の進歩と「どうしようか 俺は?」ということを思う。

posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近の記事
最近のコメント
ダイエット[3236日目] by よしだかずや (02/09)
ダイエット[3004日目] by Soul Lady (01/03)
ダイエット[3004日目] by ばしゆう (06/20)
JUNKBOX by Soul Lady (04/14)
JUNKBOX by よしだかずや (04/14)
最近のトラックバック