2006年10月04日

難しいこと

僕が借りている駐車場の大家さんのご主人が昨夜亡くなった。
駐車場の草取りをしている姿を時々見かけたことがある。
そして、いつも気持ちよくあいさつをしてくれた。
とても僕の好きな雰囲気をまとったおじいさんだった。
もうずっと姿を見ていなかった。
お通夜があり、葬式がある。
僕はどうしてもお線香をあげたかった。
仕事から帰宅すると、ちょうどその家の若旦那が駐車場を歩いていたので尋ねてみた。
「あの お線香をあげたいんですけど…」
「ありがとうございます お通夜はまだですけど、どうぞ…」
そう言ってくれた。
僕は、こういったときの習わしについての知識は皆無である。
本来なら、先方の指定した時間に礼服を着て、香典を持って、数珠を持って
うかがうべきなのかもしれない。
でもそこまでするのも滑稽か?
だって駐車場であいさつするだけだったのに…
でも大家さんにはいろいろお世話になってはいるしな。
しばらく考えてのち、仕事帰りのそのままのスーツ姿で、香典も持たず、数珠も持たず、その言葉を真に受けて
お線香をあげにお宅にうかがってしまった。
亡くなられたおじいさんの奥さんは
「まあ ありがとね おじいさんも あんたとお別れできてよろこんでるわ」
と言ってくれた。
でも、家の方々はこれからのお通夜、葬式といった準備に忙しそうだった。
僕は、このおじいさんとお別れできたという満足感とともに、恥ずかしさを感じてしまった。
こういうことって気持ちが大事とはいえ、やはり手続きを踏むべきではなかったか!?
それが、ほんとの先方への気遣いではないか!?
今回、とっさに行動してしまったけれど…。
先方は僕に対して、どういう気持ちを抱いただろう?
何より僕自身、自分の行動に対して不安を感じてしまっているんだ。
手続きを吹っ飛ばしておじいさんとお別れがしたいという欲望は、すごく原始的なものだった。
そこに手続きを踏むという裁量が加わればもっとよかったはずだ。
そうすれば、文化人だ。
次回から気をつけようと思う。


posted by soullady at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然
最近の記事
最近のコメント
ダイエット[3236日目] by Soul Lady (09/28)
ダイエット[3236日目] by よしだかずや (02/09)
ダイエット[3004日目] by Soul Lady (01/03)
ダイエット[3004日目] by ばしゆう (06/20)
JUNKBOX by Soul Lady (04/14)
最近のトラックバック